遅ればせながら 節分の豆

2/26    実家の供物の中に節分と書かれた小箱。開けてみた。
中には干菓子と節分の豆。1月に頂いた和菓子に添えられていた物とのこと。
よく見たら懐かしや。麻布の青野総本舗。/松尾芭蕉の俳句だったんだぁ~ “鶯をたづねたづねて阿左婦(あざぶ)まで”

遅ればせながら 節分の豆
画像

和三宝の干菓子と、大粒の北海道産煎り豆
画像

老舗の上品な味わいに満足

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック